あいぼん哲学

考えない哲学者?あいぼんのアタマとココロの中。好き勝手に書いてます☺︎

〝愛〟は〝恋〟を内包している。





の中にがある。


「好き」にはいろんな「好き」がある。





たとえば「愛してる」って一言。

わたしはずっと特別感があって
彼氏という関係にいる相手には
ずっと使うことができなかった。
(単に好きって言葉を伝えるのが苦手だったこともあると思うが)



という土台の上にが成り立ったり
が進化してになったり


そうではなくて
そうやねんけど


という空間の中にが内包されている。
それが無条件にその存在を愛するって感覚な気がする。





「愛してる」の中に
ドキドキワクワクキュンキュンって感じの
いわゆる恋愛感情と呼ばれるものが含まれる。


ドキワキュン(略してみた)という感情だけだったら恋。
そしてこの感情はけっこう感じやすい。
(わたしだけでしょうか?)


ふかーーーーーーーーーーーーーーーーーーーいところで共鳴する。
理性なんてもちろん、感情をも超えた、もっともっと深い奥底。




それがきっと《運命の人




でも、運命って変えられる。
天命、使命、運命、宿命【小さな氣づきNo.453】|≪人生を大きく変える小さな氣づき≫ 一宮のカウンセラー・けんちゃんのblog



やから、運命の人っていっぱいいっぱいおるんよなあ。
自分が変わるたびに運命は変わっていく。
運命は変えられるし、運命の人も変わる。



こうしてわたしたちは恋愛で成長していくんやと思う。




「好き」や「ドキワ君」を体験できる恋愛は今の自分を知るメッセージ。
その感情を感じさせてくれた相手が今の自分。


出逢う人は鏡に映った自分》やから。



やから、その感情を大切に。
丁寧に丁寧に感じ切ったら、自ずと自分がわかるような。



人は変化する生き物で。
てか、いのちあるものはすべて。
自然の原理原則は恋愛にもあてはまる。

【百人一首講座】人はいさ心も知らずふるさとは 花ぞむかしの香ににほひける─紀貫之 京都せんべい おかき専門店【長岡京小倉山荘】


1000年以上前から変わらない。



人のこころも世の中もすべてのものは変わり続ける。
そのど真ん中、原動力はでしかない(と、わたしは思っている)
それだけはずっと変わらない(と、わたしは思っている)



やっぱりこの世はおもしろい*(^o^)/*






愛と笑顔と祭りと夢と??


コンタクトはコチラから*\(^o^)/*
Twitter:aaai_bonbon