読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいぼん哲学

考えない哲学者💃あいぼんのアタマとココロの中。好き勝手に書いてます☺︎

進化とは今までの自分を殺すこと。

 


こんばんわっしょい٩( ᐛ )و

 

※今から書く内容は、一回消えた記事でして。

全部消えたということは「ここには書かんでええねんで」ということなのかもしれない。だけどやっぱり大切で、未来の自分へ残しておきたいと思うので、もう一度「今、出てくる言葉」で書く。うまくは決して書けない。感じたままにしか書けない(でもこれも2.3日前に書いたもの。4月17日現在「いま、ここ」の言葉ではない)。

 

f:id:lovingdream:20170417182906j:image 

 

2017年4月5日。


坂爪圭吾さんと会って、わたしは一旦殺された。この表現が適切かどうかはわからない。でも、これ以外の言葉が見つからない。

昨年の5月頃に国立で開かれたお話会が初対面で、わたしが圭吾さんと会うのは二度目だった。覚えていてくれてうれしかった!!わたしの勝手な印象よりも柔らかい彼の笑顔に「ああ、フラットな方だなあ」とまたもや勝手にうれしくなった。


ただいま公開中のクラウドファンディング《ごちゃまぜの家を作りたい!!》☞https://camp-fire.jp/projects/view/26181

 

 

・鎧つけてない?

熱海へと向かう車内で、不意に圭吾さんがわたしに放った一言。「なにか壁を感じる」と。「あいぼん素直なときってある?」と。ドキッと刺さったその言葉は、しかしわたしを傷つけるものではなかった。自分でもわかっていたから。圭吾さんさすがだなあと思った。わたしは圭吾さんに「なんかすごいやばいひと(?)」というレッテルを貼り付け、自分と彼の間に境界線を作っていたんだと思う。

圭吾さんは《相手が何と言っているか(言葉)ではなくどんな思いで言っているか(音?)》に耳を傾けると言っていた。表面上の言葉だけでは測り得ないその奥に、その人の本音は眠っている。

この感覚を言語化するのはとても難しいのだけれど《透明で純粋だと感じるなにか(純度の高いもの)》と対峙するとき、無意識のうちに怖さを感じて、とっさに鎧をまとう自分がいるように思う。「自分が壊れてしまうのではないか」というような怖さから自分を守ろうとして、ある種の防衛本能が働くのだろうか。純度の高いものは破壊力があるから(とわたしは思っています)。でも、自分を守ろうとして身につけた鎧が結果的に「自分自身を傷つける」ことになると感じた。

 

 


・いいこちゃんでいなくていい

 「あいぼんは自分自身に対して無価値感を感じているように感じる」。グサリと刺さるようなこの一言も、わたしはすんなり納得ができた。これも自覚していたのだ。「まだまだそのまんまの自分を愛せていない」と。「愛さなければいけない(愛する必要)」ことはないのに。「価値」なんてどうでもいいのに。「価値があるから愛する」のではなく《「価値がどうだこうだとかそんなことはどうでもいいんだ」と心底腑に落ちたときに「そのまんまの自分をまるごと全部愛せている」》のだろう。

もっと嫌われていいし、場を盛り上げなくていいし、ちゃんと話を聴かなくていいし、無理やり感謝しなくていい。いいことをしようとしなくていい。自分だけを楽しませればいい。自分が楽しませたいのはいつだって自分なんだから。

「がんばってる感がすごいし相当疲れているだろうから、どっかりしっかり休みなよ」

一見冷たく映る圭吾節のシャワー(笑)は、実はめちゃめちゃあたたかい。そのときのわたしには、そして今のわたしにも、全部がありがたい言葉たち。圭吾さん本当にありがとう!!

f:id:lovingdream:20170417183221j:image

引用:人生とは、純度の勝負である。 - いばや通信


あ。そして、今ふと気づいた。《自分自身が今ほしい言葉、今自分に必要な言葉を「坂爪圭吾」という人間を通して、わたしがわたしに投げかけたのではないかな》と。圭吾さんが鏡となって、わたしのこころを映してくれた。そんなことをふと、思った。


圭吾さんと玲糸ちゃんのおかげで、出会ったひとや大切なひとにおはなをプレゼントするようになったら「なんかいいかんじ」な最近である。お二人、おはな、みんな、ありがとうございます💐

 


・進化とは今までの自分を殺すこと

成長とは今までの自分が伸びていくこと。文字通り「長」く「成」る。進化は「進」んで「変」わる。そこに今までの自分はいない。今までの自分の延長線上に今の自分がいるのではない。文字通り「変わる」のだ。今までの古い自分を捨てる。「殺す」のだ。新しい自分が、古い自分を。でなければ次は始まらない。終わりがなければ始まりもない。

今の自分に飽きたとき、慣れたとき、自分が自分にドキドキワクワクしなくなったとき。そのタイミングが進化するサインだ。「今までの自分を捨てる」というのは、自分を足蹴にするとか、大切にしないとか、そういうことでは一切ない。むしろ《自分を大切にするからこそ、自分のために自分を殺す》。魂の奥では「成長したい」「進化したい」と静かに燃え続ける願いがある。そんなことをわたしは思う。

最初何かをスタートする時に必要なのは、ノリと勢いと玉砕マインドと手数の多さなどなど。つまり、とにかく動く時期。

スタートしたモノが軌道に乗り出した時に必要になってくるのが、丁寧さとこだわりと自分哲学と自己対話と忍耐などなど。つまり、とにかく深める時期。

軌道に乗り出したものを長期的に繁栄させるのに必要なのは、破壊と創造と思いやりと革新と本質の維持などなど。つまり、進化させる時期。

自分がどの時期かによって、どこに比重を置くかバランスは変わってきます。

ただ最近、周りで「スタート」に尻込みして動けない人が多いんですが、最初はもう思いついた事を片っ端からやって、やりながら、試行錯誤しながら考えていくしかないです。

特に最初は。失敗した数の多さが、その分成長スピードと比例します。

引用元:あいぼん激推しメルマガ☞メルマガ登録(本名じゃない方は抹消します)

 

大切なのは「今、自分がどの時期にいるのかを見極めること」。成長がなければ進化はない。成長するひとは多い。しかし、進化を乗り越えられるひとは少ない。だって相当怖いから。一旦自分が壊れる(死ぬ)んだから。そして進化したてのとき、そのひとは弱い。しかし《その弱さを真正面から受け止め、抱きしめられる器量こそ、強さである》とわたしは思う。

進化し続ける人々とは、常に古い自分を壊し、新しい自分を創造し続ける人々。彼らは何度も生まれ変わる。彼らは死を恐れない。何度でも生まれ変われることを、今より自由になれることを、その先の世界はさらにおもしろくなることを、知っているからだと思う。

綺麗に咲くより美しく散る。この一言に、いばやのみんなが進化し続ける所以が包含されているように感じた。

 

わたしは死して生まれ変わる。何度も何度もあいぼんREBORN(これ伏線(笑))!!不死鳥のごとく蘇る。

f:id:lovingdream:20170417183604j:image


おすすめのうた☞Mr.Children「進化論」from Stadium Tour 2015 未完 - YouTube

 

 

・脱皮して生きていく

☝︎は『超訳 ニーチェの言葉』の項目らしい(読んでない)(基本『超訳』シリーズは読まない)。サッカー選手の長谷部誠選手の著書『心を整える。勝利をたぐり寄せるための56の習慣』の中で目に入った箇所を、以下に引用させていただく☟

脱皮しない蛇は破滅する。人間もまったく同じだ。古い考えの皮をいつまでもかぶっていれば、やがて内側から腐っていき、成長することなどできないどころか、死んでしまう。常に新しく生きていくために、わたしたちは考えを新陳代謝させていかなくてはならないのだ。

f:id:lovingdream:20170417183924j:image
この本ほしい方いらっしゃいましたら差し上げます(*^_^*)


考えも、正解も変化していくもの。
「逃げ」ではなく、勇気ある脱皮を。

 

 

宇宙でたったひとりのあなたに幸あれ🌱
 

 

_________________________________
Facebookhttp://facebook.com/ai.hiraoka.397
Twitter:aaai_bonbon
*LINE@:http://line.me/ti/p/@stx0461n
あいぼんレンタル:https://aibonworld.thebase.in/
あいぼんfam:https://aiboso0809.wixsite.com/bonfam
*年中無休お年玉受付窓口: 三井住友銀行 吉祥寺支店 ・普通 ・ヒラオカアイ・ 店番号 845 ・口座番号 7384954

 

毎度おおきにありがとうございます🐣

 

奇跡は日常にあふれている。

 

 

こんばんわっしょい\(^o^)/

 

今月に入ってからも、様々な感情が自分の内に沸き起こっていて、毎日の密度が非常に濃く、つい昨日のことが遠い昔のように感じられる。

 

今月初めにはお花見をしに名古屋へ行き、まさかまさかの偶然でその後は熱海へ。いばや通信の坂爪圭吾さんがみんなに開放されている熱海のお家で廃人のようにくつろがせていただき、4月7日に東京で行われた勝手に生誕祭にも出席し(圭吾さんのいのちに乾杯!まじでありがとうございます!)、千葉県いすみ市の森の中で行われた量子力学フェスquantumへ。ここ数日は東京で過ごし、明日からは関西、広島方面へ行く🚌

 

 

・この世のみんなは神様や説

思い返せばquantumではミラクルの連続だった。《というか、わたしたちは毎日奇跡の中にいて、というか、わたしたちのいのちそのものが、というか、すべてが奇跡でしかない》。そんなことを思っていると、RADWIMPSふたりごとが頭をよぎった。

君がこの世に生まれた 奇跡を信じれないという
君と僕とが出会えた 奇跡を信じれないという

君と僕が出会えたことを 人は奇跡と呼んでみたいだけ

奇跡が生んだこのホシで起こるすべて 奇跡以外ありえないだろう

君と僕とが出会えた 奇跡を信じてみたいんだ
君と僕が出会えたことが奇跡だろうとなんだろうと ただありがとう

君は言う 奇跡だから 美しいんだね 素敵なんだね

 

ミラクルその1:前泊する予定で東京から終電で千葉県いすみ市の会場に向かったのに、乗り換えをミスするという失態(;∀;)久しぶりにテンパったのだが午前0時、わたしはFacebookにこんな投稿をした。愛 平岡 - 【ゆるぼ】ピンチはチャンス?!... | Facebookとっても有り難いことに泊まらせていただく場所も見つかり、その晩中に辿り着けなくてもいいと思っていたわたし。しかし、いたずら好きなツンデレ(デレだけかもしれない)神様は本当にいつもギフトをくださる。今回も奇跡的に千葉県在住の方が(しかも初対面!)会場まで車で送ってくださった。わたしを送るためだけに。まじでイッツミラコーである。まさたかさん、ほかにもコメントくださった方々、シェアしてくださった方々、本当にありがとうございました!!!

 

ミラクルその2:フェスの帰り。わたしは昨年同様、参加者さんの車に乗せていただいて東京まで帰ろう(ヒッチハイクをしよう)と考えていた。するとはたまた、フェスで仲良くなったお二人が東京まで送ってくださることに!音楽好きでノリが良く、笑顔がスーパーステキな仲良し兄弟。弟さんのおうちにも上がらせていただき、自慢のひょうたんライトひょうたんマジック :: hyotanmagicの数々を見せていただき(本当にきれいで感動しました)、雨で泥まみれの靴を洗わせていただき、おまけにナイキの靴までいただき(男性サイズのスニーカーなのでどなたかほしい方には差し上げます👟)、さらには「愛ちゃんに元氣をもらったよ」という有り難すぎるお言葉をくださり。少し元氣がなさ気味だったわたしもお二人にたくさん元氣をいただいた。

 

やっぱりひとは優しいんだなと。この世は神様であふれているぞと。またまた思い知らされました。本当にみなさんありがとう。

 

f:id:lovingdream:20170411025750j:image

 

わたしは毎日、だれかに、なにかに、助けられて生きている。一瞬たりともそうでなかったことはない。生まれたときからずっと空気を吸っていて、毎晩泊めてくれるひとがいて、今日も見知らぬだれかが造ってくれた道の上を歩いている。

 

 

 

・やわらかいいのち

先日、久しぶりに訪れたここ実ハウスに谷川俊太郎さんの詩集があった。

f:id:lovingdream:20170412010313j:image

 

どの言葉もわたしの中のどこかに柔らかく突き刺さり、うれしいような、泣きたくなるような、不思議な感覚を与えてくれた。谷川さんの言葉、その感覚を通して「やっぱりわたしは言葉が好きなんだ」と再確認した。

 

 

数ある詩の中でも最も突き刺さった詩が『やわらかいいのち』。以下、詩の途中から引用させていただきます☟

どこへ帰ろうというのか

帰るところがあるのかあなたには

あなたはあなたの体にとらえられ

あなたはあなたの心に閉じこめられ

どこへいこうとも

あなたはあなたに帰るしかない

 

だがあなたの中に

あなたの知らないあなたがいる

あなたの中で海がとどろく

あなたの中で木々が芽ぶく

あなたの中で人々が笑いさざめく

あなたの中で星が爆発する

あなたこそ

あなたの宇宙

あなたのふるさと

 

あなたは愛される

愛されることから逃れられない

たとえあなたがすべての人を憎むとしても

たとえあなたが人生を憎むとしても

自分自身を憎むとしても

あなたは降りしきる雨に愛される

 

微風にゆれる野花に

えたいの知れぬ恐ろしい夢に

柱のかげのあなたの知らない誰かに愛される

何故ならあなたはひとつのいのち

どんなに否定しようと思っても

生きようともがきつづけるひとつのいのち

すべての硬く冷たいものの中で

なおにじみなおあふれなお流れやまぬ

やわらかいいのちだからだ

 

わたしたちはみんな「どうやったって愛される」という土台の上で生きているらしい。この言葉にそのときのわたしはかなりこころを救われた気がした。

わたしも誰か(自分も含む)のこころに一筋の灯りを灯すような、そんな言葉を紡いでいきたい。

 

 

宇宙でたったひとりのあなたに幸あれ🌱

 

_________________________________

Facebookhttp://facebook.com/ai.hiraoka.397

Twitter:aaai_bonbon

*LINE@:http://line.me/ti/p/@stx0461n

あいぼんレンタル:https://aibonworld.thebase.in/

あいぼんfam:https://aiboso0809.wixsite.com/bonfam

*年中無休お年玉受付窓口:
三井住友銀行
吉祥寺支店
普通
ヒラオカアイ
店番号 845
口座番号 7384954

 

毎度おおきにありがとさんです🐣

 

 

 

【オススメ本】自分を知ること。

 

 

 

こんばんわっしょい(^O^)

 

 

だいぶお久しぶりのブログですが。

もう4月も1週間ほど過ぎましたが。

 

 

 

2016年3月。

 

 

この1ヶ月を振り返ると学びや気づきが多すぎて到底まとめられそうもない。というか毎日気づき、学びの連続で毎瞬毎瞬が本当に濃く。時間は一定に流れるのではなく伸び縮みがあり、自分尺度の時間しかないなあと本当に思う(そもそも時間などない、ということはさておき)

 

家なし生活ホームモアイボン【4/100】ホームモアイボンバースデイ! - あいぼん哲学も2ヶ月間続いている。おかげさまでおうちは増え続け、あたたかい帰る場所がいくつもできた。本当に有難い。皆様ありがとうございます。

 

2月はジェットコースターを下降するように動き回り飛び回り、走り過ぎた。そのおかげで体調を崩し、3月初めは死んでいて(笑)精神的にも弱ってしまい、エネルギーがダダ漏れ状態。

 

自分をちゃんと大切にする大切さ、エネルギーマネジメントの大切さ、自分のタイプを知る大切さ、、、これからもっと大切にしたい大切なことをひしひしと身をもって感じ学ばせていただいた月だった。

 

5年間通った大学も卒業した。ここでいちいち振り返りはしないが、様々な経験をさせていただいた大学生活はわたしの大切な宝物。両親はじめすべてのすべてへ感謝を。大学を卒業したからといって心境にそれほど大きな変化はない。でも「学生」という肩書きがついになくなった。これから「平岡愛」としてわたしはどんな風に生きていくのだろう。

 f:id:lovingdream:20170407175847j:image

※卒論も売ってます☞卒論使って卒ローンしちゃう!?
 

 

・人生は自分を知る旅

人生とはなんだろう。わたしはひとつの答えとして「人生とは自分を知る旅」だと思っている。自分を知ることに終わりはなく、いつもいろんな自分と出会う。起こる出来事すべてを自分で創り出しているとしても、その度に悲しんだり嬉しがったりいろんな反応をする自分に出会う。そしてその度に自分を知る。「こんな自分もいたんだ」と。いろんな自分を知りたくて、わたしはわたしを生きているのかもしれない。

 

 

・さあ、才能に目覚めよう

有難いことにわたしの周りには優秀すぎるコンサルタントさんしかいない。恵まれた環境につくづく感謝だ(T ^ T)そのうちのひとりの方が、わたしにある本をプレゼントしてくださった。

 

f:id:lovingdream:20170331200321j:image

Clifton StrengthsFinderアクセスコード

 

大ベストセラー本なので知っている方も多いと思う。就活にも使われるのかな?わからんけど(笑)わたしもいろんなところで目にしていたが、このタイミングで出会わせてもらった。

 

同い年のブロガーさんやぎろぐくんも紹介していました(^O^)

さあ才能に目覚めよう!ストレングスファインダー診断が当たりすぎていて笑った | やぎろぐ

 

そして早速やってみた結果、その当たり具合にドン引きした(笑)というかめちゃめちゃ自信になった。

 

「自分の強みを知る」ということは「自分の苦手、できないことも知る」ということ。これはみんなへのやさしさだなあと。自分ができることできないこと、好きなこと苦手なことがわかっていてそれを相手に伝えられたら、相手は自分に的外れな期待をしなくなる。代わりにできることや好きなことを任せてくれる。ベストな役割分担ができたら、お互いラクにコミュニケーションをとることができ、いい関係性がうまれる。

 

 

・平岡 愛の強み、タイプ

 

f:id:lovingdream:20170331201345j:image

 

これだ!!!!!当たっています。ひとつひとつをざっくり言うと

 

*運命思考*

偶然に起こることはひとつもなく、人々が互いに結びついていること、そしてわたしたちは何かもっと大きな存在の一部であることを確信している。思慮深く思いやりがあり、受容力があり、異なる文化をもつ人々のあいだで架け橋の役割を果たす。地球や地球上の生命(わたしの場合は地球外の生命も含めて)から切り離されていないとわかっているから安心感を得る。「あなた=わたし」だから、誰かが傷つくことは悲しいし誰かが喜ぶことは嬉しい。見えない力を敏感に感じ取り、平凡な日常生活の中に意味があるという安心感を他の人に与えることができる。強い信念を持つ。

 

*ポジティブ*

人をよく褒め、すぐに微笑みかけ、どんな状況においても常にポジティブな面を探す。わたしの熱意は人に伝染するのでわたしの近くにいると世界がよりよいもののように見えてくる。活力と楽天性が人々を明るくする。生きていることはすばらしいという信念、仕事は愉しいものにできるという信念、どのような障害があろうと人は決してユーモアの精神を失ってはならないという信念からどうしても逃れられない。

 

*社交性*

見知らぬ人を怖がらず、むしろ元氣づけられる。新しい出会いを好む。初対面の人と何を話せばいいかを常に心得ていて、知らない人に近づくことを楽しんでいる(まさにヒッチハイク!)一歩を踏み出して人との関係をつくることから大きな満足を得る。わたしにとって友達でない人はいない。

 

*未来志向*

「もし〜だったらどんなにすばらしいだろう」と未来を愛し、未来に魅力され、鼓舞される。未来に何ができるかというビジョンが細かく見え、それを心に抱きつづける夢想家。わたしは未来からエネルギーを与えられ、それらはまわりの人にもエネルギーを与える。視野を広げ、精神を高揚させる。

 

*最上志向*

平均ではなく優秀であることが基準。自分や他人の強みを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高める。見つけた真珠を光り輝くまで磨く。自然に長所を見分ける。自分の長所や強みを高く評価してくれる人たちと共に過ごすことを選び、そのような人たちに惹かれる。型にはめられて弱点を克服させられようとすることを避ける。自分の弱みを嘆きながら人生を送るのではなく、持って生まれた天賦の才能を最大限に使いたい。そのほうが愉しく実りも多いが、大変な道でもある。

 

 

わたしは基本的にこんな人間のようです。

これからわたしと関わったり、何か一緒にしたりするときはこんなやつなのだと認識していただけると、お互いにとって非常によいなーと思います。

 

「自分を知る」ひとつのルートとしてストレングスファインダーおすすめです(o^^o)

 

 

今日も貴重ないのちの時間を使って読んでくださりありがとうございました(*^_^*)

 

実験は続く☞☞☞
 
 
----------------------------------------------------------------
 
このブログの視聴料を「あいぼんにあげたい!!」という神様は
コチラの口座に¥0〜¥100,000,000、お好きな金額をどうぞ💰💓
 
三井住友銀行
吉祥寺支店
普通
ヒラオカアイ
店番号 845
口座番号 7384954
 
----------------------------------------------------------------
 

コンタクトはコチラから☟

日常結構書いてるよ〜
Facebookhttp://facebook.com/ai.hiraoka.397

自分の想いをつぶやくよ〜
Twitter:aaai_bonbon

月に何回か配信するよ〜
*LINE@:http://line.me/ti/p/@stx0461n

50円でわたしを買いたい方はコチラ☟
あいぼんレンタル:https://aibonworld.thebase.in/

 

 

 

 

 

神様からあなたへのギフトはあなたからみんなへのギフト。

 

 

 

2017年2月25日。ニコニコの日。

Give give GIFTフェスティバル@大阪

 

f:id:lovingdream:20170301121056j:image

 

なんと北は北海道から、長野、茨城、東京、神奈川、埼玉、群馬、名古屋、岡山、神戸、大阪、、、全国各地からステキなメンバーが集まった。

 

 

わたしの夢がまたひとつ叶った日。

本当にみなさんありがとうございました!!!

 

 

(一回書いてた記事が消えたのと、発熱のおかげであまりベストが尽くせない記事だけど、残しておきたいから書きます)

 

 

 

今回のイベントはみきおさんがわたしを大阪に呼びたいと言ってくれたことがきっかけで、みきおさんがわたしとぜひとも繋げたいというまいこさんと3人でギブフェスを企画することとなった。福の神ふくちゃんも絶妙なタイミングではいってくれて。トントン拍子でコトは進み、2月25日イベント当日を迎えることができた。

 

f:id:lovingdream:20170301121643j:image

 

2/25 ギブギブギフトフェスティバル - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

お金を集めることよりも、リターンを通してブース出展者の方々が自分を表現する機会になったらいいなと思い、クラウドファンディングにも挑戦しました(o^^o)

 

 

 

・場のエネルギーは人でできる

会場に足を踏み入れた瞬間からとても心地よい空気を感じた。わたしの好きな人、みきおさんの好きな人、まいこさんの好きな人、それぞれが大好きな人たちを呼んで集まった場。もちろん場所の雰囲気も大切だけれど「場」とはそこに集まった「人」で作られるんだなと感じた。

 

 

・境界線を曖昧に

主催者、出展者、参加者、この境界線を曖昧にすること。イベント当日を迎えるまでにみんなで電話ミーティングをしたり、グループメッセンジャーで交流したり。だからこそイベント当日のあの雰囲気があったんだろうなあと。初めましてだけど初めましてじゃない感じ。どこか「再会」って感じだったなあ。

 

f:id:lovingdream:20170301131204j:image

 

 

・ギフトで生きる、ギフトを生きる

『神様からの贈り物』という絵本をご存知でしょうか?

(数ページ読める)かみさまからのおくりもの|絵本ナビ : ひぐちみちこ みんなの声・通販

 

神様から与えられてなのか。自分で選んでなのか。わたしたちはみんなそれぞれ自分だけのギフトをもって生まれてくる。それが「天」からもらった「才」能。だからみんなそれぞれの天才( ^ω^ )

天からのギフトを生きることはあなたからみんなへのギフト。みんなが自分のギフトをめいっぱい生きる。そんな世界をわたしは夢見ている。

 

 

・ただ「自分で在る」こと

わたしは自分の輝きを通して誰かが輝くことがうれしい。自分が中心で輝くこと。その輝きでみんながどんどん輝いていくこと。その景色をみることがわたしの最高のよろこびだ。

f:id:lovingdream:20170301124041j:image

 

 

・与えようとせずとも与える

今回のイベントではこどもたちがポストカードに自由にお絵描きできるスペースを作った。ポストカードとペンと色鉛筆、シール等を置いておくと、みんな自由にお絵描きする。

そこでステキなエピソードがあった。まいこさんの長男、わくとが好き勝手に絵を描いていた。それをみた未来さんの息子さん、かいとくんも夢中になってだいすきな恐竜の絵を描き始めた。わくとはかいとくんに絵を描いてほしくて絵を描いていたのではない。わくとの姿を見て勝手にかいとくんが絵を描き始めたのである。

これがBeingの世界だと思った。

なないろ まいこ - 愛ちゃん 【being】のお話♡ | Facebook

Beingについてのお話動画(o^^o)

 

 

・こどもから学ぶお金の使い方

「稼ぐより使うほうが難しい」お金持ちの人ほどこう言う。わたしが今回感動したエピソードをもうひとつ。

マクラメアクセサリーを作っているつよぽんがまいこさんの次男、あさきにブレスレットをあげた。つよぽんは全部言い値でやっていて、いや、むしろみんなにあげていた(笑)

f:id:lovingdream:20170301125322j:image

つよぽん哲学 

あさきはまいこさんの元にやってきて「お年玉からブレスレットを買う」と言った。そしてお年玉から1000円を受け取り、その1000円をまるごとつよぽんに渡した。わたしはこのエピソードを聴いて泣きそうになった。

2年前、ヒッチハイクで出会った女の子が途中のサービスエリアで自分のお年玉からわたしにキーホルダーを買ってくれたことを思い出した。

素直なこどもたちはお金の使い方もまっすぐだ。

 

 

わたし自身たくさんのギフトをもらったギブフェス。

みんなのいのちが輝いていてうれしかった。

1年前に描いたわたしの夢が叶った。

f:id:lovingdream:20170301130128j:image

 

夢は叶えるものじゃない。もうすでにここにある。

これからもわたしはこんな世界を生きていく。

 

 

 

今日も貴重ないのちの時間を使って読んでくださりありがとうございました(*^_^*)

 

実験は続く☞☞☞
 
 
----------------------------------------------------------------
 
このブログの視聴料を「あいぼんにあげたい!!」という神様は
コチラの口座にお好きな金額をどうぞ💰💓
 
三井住友銀行
普通
ヒラオカアイ
店番号 845
口座番号 7384954
 
----------------------------------------------------------------
 

コンタクトはコチラから☟

日常結構書いてるよ〜
Facebookhttp://facebook.com/ai.hiraoka.397

自分の想いをつぶやくよ〜
Twitter:aaai_bonbon

月に何回か配信するよ〜
*LINE@:http://line.me/ti/p/@stx0461n

50円でわたしを買いたい方はコチラ☟
あいぼんレンタル:https://aibonworld.thebase.in/

血筋を超えた家族になりたい方はコチラ☟
あいぼんfam:https://aiboso0809.wixsite.com/bonfam

 

 

 

ダリくん

 

 

 

2017年2月19日。

ダリくんと別れた。

 

 

自分のきもちに素直になること、自分を愛すること、人生最大のしあわせ「愛する歓び」をわたしに教えたくれたダリくん。

 

本当にありがとう。

 

未来の自分に向けて今のきもちを綴ろうと思う。

  

 

・ふたりをつなげた夢

2015年3月11日。

わたしが初めて描いた夢。

f:id:lovingdream:20170221194001j:image

この夢がきっかけでわたしとダリくんは出逢った。お互いの存在は知っていたけど不思議と対面することはなく、まるで待ち合わせをしていたかのように出会いはベストタイミングで訪れた。

わたしはまったく覚えてないけど、初対面時のダリくんのわたしへの第一声は「ひさしぶり」だったと言う。きっと前前前前前前前世くらいから「この日に出会う」と決めてきた。ダリくんとの出逢いだけじゃなく、すべての出逢いがきっとそうだ。

 

 

・「彼氏」という名詞の違和感

同じ世界を夢見ていたわたしたちは出会ってすぐに意気投合し、付き合うことになった。

「なんか、パートナーってかんじ」

ダリくんが出会った当初に言ってくれたこの一言をわたしは今でも覚えている。今までのいわゆる「彼氏」とはまったく違う感覚。わたし自身も「なんか、ずっと一緒におるんやろなあ〜」という想いが自然と湧き上がっていた。その直感はきっと自我を超えたもの。

だからダリくんを「彼氏」という名詞で表現することにはずっと違和感があったし、かといって「パートナー」というのもなんか少し違う。

やっぱりダリくんはダリくんで「山田明広」というひとりの人間、本当に美しい生命体だというのが一番しっくりくる表現。

本当に彼のいのちは輝いていて、それは彼の目に表れている。今までで出会った人の中でも目の輝きが尋常じゃなくて彼の目に惚れたといっても全然過言ではない。

f:id:lovingdream:20170221195724j:image

それくらいダリくんの澄みきった瞳は出会う人すべてを魅了してしまう引力がある。とわたしは勝手に思っている(#すべては主観 byダリくん)

 

 

・自分を愛すること

ダリくんがわたしに与えてくれたたくさんのギフトの中でも特に大きいもの。それはそのまんまのわたしをそのまんま愛するということ。

 

わたしは今までずっと自分が嫌いだった。「愛」という名前が大嫌いだった。

自分を一番愛したいのは自分自身。その一番したいことをできていなかったわたし。ひとりでは自分を愛せなくて誰かに「好き」と言ってもらうことで、いつまでたっても埋まらないこころを満たしている気になっていた。笑顔の裏にはいつも空虚感があった。拭いきれない孤独があった。しかし厄介なことにその自分の寂しさに自分自身が気づいていなかった。だから無限ループだった。まるで困窮したハイエナのようにわたしは外に自分の居場所を探し、愛してくれる人を求めていた。

そんなことしても埋まらないのに。すべては自分を愛することから始まるのに。しかし当時のわたしは微塵もそんなことを考えてはいなかった。

 

自分が自分を愛せなかったら、他の人を愛することはできない。

高校のときの親友が高校卒業時にくれた言葉。当時はまったく意味がわからずただのナルシストと混同していたけど、今ならこの言葉の意味がわかる。

そして大学に進学し、色んな人に出会い、様々な経験を経た上でわたしが自分を愛し始めようとしたとき、ダリくんと出逢った。そのときのわたしはもう外に自分の居場所を求めてはいなかった。

わたしが初めて夢を描いた日。それはわたしが内なるわたしと出逢った日。そしてその夢に導かれたかのごとくわたしとダリくんは出逢ったのだった。

 

 

・誰かを愛する歓び

ダリくんは人生で最もしあわせなこと、こころが満たされることも教えてくれた。それは愛する歓びである。

好きだとか嫌いだとかいう感情ではない。生死をも超える。過去も未来も今さえもないような感覚。その存在と出会えたことがただただ嬉しく、歓びで感謝でこころが満たされていく。自分の中の愛がどんどん勝手に溢れていく。

f:id:lovingdream:20170221195110j:image

生命の対峙。感謝。そこにあるのはただの愛。存在する愛のみである。そんな感覚。

この感覚を言葉で表すのは無理だ。体感した人にしかわからないと思う。わたしに初めてその体感をさせてくれたのはダリくんだった。彼の存在が愛に満ち溢れていたからなのか。そして日を追うごとにわたしはダリくんに対してだけでなく、この歓びをいろんな人に感じるようになった。その人がここに存在することへの感謝。人に限らず多くのいのちに対して今、わたしはこの想いを抱いている。

 

 

・愛とは共に同じ方向を見つめること

星の王子さま』を書いたフランスの作家、操縦士のサン=テグジュペリの言葉でわたしが好きな言葉がある。

 

Love does not consist in gazing at each other, but in looking together in the same direction.

愛とはお互いを見つめ合うことではなく、共に同じ方向を見つめることだ。

 

ダリくんとの関係はまさにこれに当てはまる。そう思っていた。

愛に溢れた地球

愛に満ち溢れた世界

「愛」の定義がまったく同じなんてありえないけど、わたしたちは文字通り同じ方向を向いていた。もちろん今も向いていると思う。そしてそこに向かって進んでいる。ただ、今は歩くスピードにズレを感じた。そのルートにも違いを感じた。だから一緒にいなくてもいい、と。一般的な「彼氏彼女」という関係でなくていい。だから今、別れを選んだ。

目指してるところはきっと同じで、こころは魂はつながっている。それはダリくんに限らず全存在、みんなと。わたしはそう信じている。

 

 

・すべてはベスト

ダリくんはわたしにとって間違いなく「運命の人」だった。運命は変わる。変えられる。今の自分がダイレクトに現れる。それがわたしの「運命」の定義。

ダリくんとの出逢いも、共に過ごせた日々も、別れも、すべてはベスト。周りがどう思うとかそんなのはどうでもいい。

わたしはわたしの人生で起こることすべてが「ベストでしかない」と信じているから。

 

 

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

あなたの人生がこれからも輝きますように。

 

f:id:lovingdream:20170221194500j:image

ダリくん作

 

 

 

実験は続く☞☞☞

 

 


----------------------------------------------------------------
 

コンタクトはコチラから☟

日常結構書いてるよ〜
Facebookhttp://facebook.com/ai.hiraoka.397

自分の想いをつぶやくよ〜
Twitter:aaai_bonbon

月に何回か配信するよ〜
*LINE@:http://line.me/ti/p/@stx0461n

50円でわたしを買いたい方はコチラ☟
あいぼんレンタル:https://aibonworld.thebase.in/

血筋を超えた家族になりたい方はコチラ☟
あいぼんfam:https://aiboso0809.wixsite.com/bonfam

 

 

 

最も難しいことは〝自分を愛すること〟かもしれない。

 

 

 

 

先月、お母さんが交通事故に遭った。

 

 

わたしは今、神戸にいる。

f:id:lovingdream:20170208172100j:image

 

高校卒業までの18年間を過ごした地。やはり神戸にはどこか拭いきれない愛着がある。

 

 

 

1月31日にきっかり1年間住んだ東京のシェアハウスを出て1週間が過ぎた。小田原、名古屋滞在を経てわたしは今、生まれ故郷の神戸にいる。

 

今回の旅で小田原も名古屋もさらに大好きになった。大好きな人が増えるたびにわたしはその地が好きになる。「人」をとおしてわたしはその地が好きになる。

 

 

 

りな初ヒッチおめでとう(๑>◡<๑)今回は50円依頼ぼんぼんでりなのヒッチハイク、コロちゃんの旅BARイベント、さとるんのヒーリングサロンメニューを受けさせてもらいました。湯~とぴあ宝 | 名古屋市南区笠寺のワンランク上のスーパー銭湯はまじでユートピアでした(笑)

 

 

今日の記事は名古屋のサロン『ヒーリングスペース 迦恩』で受けたセラピーの体験をもとにわたしの気づきを綴ろうと思います。

 

 

 

わたしが受けたメニューは気功整体エナジークレンジング、そしてヒプノセラピーです。

 

f:id:lovingdream:20170208173909j:image

 

まず、このようなチェックシートを記入して診断してもらいます。ここから今の自分の状態が浮き出てくるようです。

 

 

気功整体では冷えとりと鼻づまり、肩こり等を見てもらい、施術してもらいました。ゴリゴリ痛みを伴わないのにスーッと軽くなる感覚がありました。めっちゃリラックスしたから寝てしまった(笑)裕さんありがとうございました(o^^o)

f:id:lovingdream:20170208182044j:image

検査カード( ^ω^ )

 

 

エナジークレンジングではそのとき自分の内にあった恐れ、寂しさ、嫉妬、怒り、不安などの感情を吐き出し、気の流れを良くしてもらいました。その際に過去の自分の記憶を思い起こし、幼い自分を癒しました。お父さんに対してわたしは寂しさを抱いていたようです。

施術中に聴いた『Jupiter - 平原綾香 - YouTube』と『【英語版】I Believe(綾香) / Eric Martin【歌詞】 - YouTube』が大きなインパクトを与え、わたしの心に深く残っています。さとるんありがとうございました(o^^o)

f:id:lovingdream:20170208180033j:image

ナッツさんの桑の葉チョコをめっちゃ大絶賛してたさとるん。

wara no bag ホームページへようこそ - waranobag ホームページ

 

 

ヒプノセラピーでわたしはわたしのインナーチャイルドと会い、今の活動に影響を与えている前世を見にいきました。「もっとラクにしたらいいよ」というメッセージ。今回見にいった前世でわたしは旅人でいろんな国を放浪していたようでした。潜在意識が許可するところ、今のわたしが受け入れられるところまでしか見れないらしく、死の場面を見ることはできませんでした。そのあとはめちゃめちゃ眠くなり、ずっと爆睡してました(笑)千寿さんありがとうございました(o^^o)

f:id:lovingdream:20170208180007j:image

千寿さん100万円くれたー(๑>◡<๑)

 

 

全体的にスッキリした!そんな感覚。このタイミングで迦恩に来られたことに感謝だなあと思います。サロンの雰囲気がとにかく癒しでとても居心地がよかったです。

f:id:lovingdream:20170208184728j:image

ご興味持たれた方はぜひ。名古屋市新瑞橋駅すぐの場所に『ヒーリングスペース 迦恩』はあります( ^ω^ )

 

 

 

・親切の意味

「親切」とは「親を切る」と書きます。これは親との縁を切るとかそんなことではなく、簡潔にいうと親離れするということ。親の考え方や行動と自分を混同しないこと。親の人生ではなくて「自分の人生を生きる」ということ。ちゃんと「親切」ができて初めて「自分の人生を歩み始められる」と教わりました。

 

 

・大丈夫

これは自分へのメッセージ。何があっても大丈夫。どんなことがあっても大丈夫。なぜかわからないけど大丈夫。勝手に湧いてきた言葉でした。きっとみんな大丈夫。わたしだけじゃない。この世界の土台は「大丈夫」で成り立っている。

 

 

・真実の愛

真実の愛とは「自分を愛すること」だと裕さんは言いました。「他人を愛することは簡単で自分を愛することが一番難しい」と。だから他人を愛することで、人は自分を愛していく。自分への愛に目覚めていく。母はこどもへの愛を通して。夫はそんな妻の姿を通して。だから人は一人ではない。「人生は自分を知る旅」だとわたしは思っていて。ということはつまり、人生とは愛を知る旅。「自分への愛を知る旅」ということなのかな。

 

 

・自分を愛すること

「自分を愛することに際限はない」と思う。信じることも赦すことも同じで「ここまで愛する」とか「ここまで信じる」とか「ここまで赦す」とかはない。上限はない。終わりはない。だからこそわたしたちは「自分自身を愛すること」を人生を通して学んでいるのかもしれない。そこにきっと終わりはないから。そしてそれは何かを身につけるのではなく、逆にどこまでも手放していく中で思い出していくことなのかもしれない。

 

自分が愛だということを。

 

f:id:lovingdream:20170208180148j:image

 


 
今日も貴重ないのちの時間を使って読んでくださりありがとうございました(*^_^*)

実験は続く☞☞☞
 
 
----------------------------------------------------------------
 
このブログの視聴料を「あいぼんにあげたい!!」という神様は
コチラの口座に¥0〜¥100,000,000、お好きな金額をどうぞ💰💓
 
三井住友銀行
普通
ヒラオカアイ
店番号 845
口座番号 7384954
 
----------------------------------------------------------------
 

コンタクトはコチラから☟

日常結構書いてるよ〜
Facebookhttp://facebook.com/ai.hiraoka.397

自分の想いをつぶやくよ〜
Twitter:aaai_bonbon

月に何回か配信するよ〜
*LINE@:http://line.me/ti/p/@stx0461n

50円でわたしを買いたい方はコチラ☟
あいぼんレンタル:https://aibonworld.thebase.in/

血筋を超えた家族になりたい方はコチラ☟
あいぼんfam:https://aiboso0809.wixsite.com/bonfam

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【4/100】ホームモアイボンバースデイ!

 

 

 

こんばんわっしょーい٩( ᐛ )و

 

 

昨日西荻窪のシェアハウスを出て、晴れてホームレスになったあいぼんです٩( ᐛ )و

 

 

 

いやでも待てよと。逆説こそが真理だとすればLessではなくてMoreである。いやいやむしろLess=More. そう、Less is More. である。

 

Less is More. の諸々についてはこちらの記事がわかりやすくおもしろいと思ったので引用させていただきます。

http://morobrand.net/mororeco/blog/less-is-more/

 

f:id:lovingdream:20170201202054j:image

昨日描いた夢ハンカチ。with 火の鳥。わたしは酉年年女🎶なんかシンパシーを感じて彼?彼女?にキスをしました💋 

 

 

・より少ないことはより豊かなこと

物質的豊かさと精神的豊かさは比例するのだろうか。多くのモノを持てば持つほどわたしたちのココロは幸福を感じるのだろうか。

この問いの答えは案外明確かもしれない。年収500万円を境に幸福度は反比例すると耳にしたことがある。わたしは年収500万円超えたことがないからそこは未知の領域であるが、そうなったらそうなったでわたしはめちゃめちゃワクワクする。その理由はおいおい書くとして、とりあえず今のわたしの銀行残高を。

f:id:lovingdream:20170201152301j:image

11111。ゾロ目(((o(*゚▽゚*)o)))

この金額を見てあなたはどう感じただろう。

 

 

・ひとつの家に住まないという生き方 

「引っ越し先はありません」と言うとよく驚かれるが、わたしはこの生き方になんら違和感を感じない。周りにそういった人が一定数いることも一つの要因であると思う。三年間のヒッチハイクをとおして「流れに身を任せて生きる」旅人気質になったのだろうか。どんな理由でも動機でもいい。とにかくわたしにとって「ひとつの家に住まない」という選択はそんなに驚くことでもなく、どこか当たり前の感覚さえある。

「普通どこかには住むでしょ」という固定観念、常識の破壊にわたしは挑戦しているのかもしれない。

 

 

・手放すほど手に入る

〝引き寄せの法則〟は〝放出の法則〟 - あいぼん哲学

ここにも書いたが、自分をこの世界に解き放てば解き放つほど世界は驚くほどやさしいことに気づく。これは自身で体感しないと腑に落ちないだろうし、いくら言葉や論理で説明したところで1%も伝わらないと思う。

手放せば手放すほど、与えたら与えるほど、開放すれば開放するほど、それらはちゃんと返ってくる。不思議だがそれがこの世界の法則のようだ。なんとしあわせな世界だろう。

しかし見返りや結果を求めると、とたんにこのしあわせは消え失せてしまう。何かが返ってくるまで、結果が出るまで、不足感を感じるからだ。

結果なんかどうでもよくて(勝手に出るんやからそんなん気にしててもしゃーない、とわたしは思う)ただそうすることそのものに満足できたなら、読んで字の如く満ち足りたきもちがあなたの内に広がり満ちていくと思うのだ。

 f:id:lovingdream:20170201202142j:image

結構登場率高めのわたしがだいすきなダリくんの絵。「自分を解き放つ」

 

 

 ・あいぼんジャイアン理論

皆様同じみドラえもんのガキ大将キャラ、ジャイアン。彼のこの名ゼリフを聞いたことがない人類はいないのではなかろうか。

お前のものは俺のもの。俺のものも俺のもの。

f:id:lovingdream:20170201202604j:image

友達がパロったやーつ(笑)著作権大丈夫かしら。アウトめ?(笑)

 

ジャイアンのこの言葉を皆様はどう感じますか。

 

わたしは一つの見方として「こいつやべぇ。ステージたけぇ」と思ってまして。だって「お前のものは俺のもの」って「お前=俺」って感覚を持ってるから出てくる言葉でしょう?「お前」と「俺」の境界線がない。つまり「一体感」を持っているということ。

 これからはそんなジャイアンの時代。こういう感覚を持っている人がどんどんしあわせになっていくと思う。「一体感」 これがこれからのキーワードかと。

 まさにみんなの発表会は「一体感」がすごかった。みんなの感想を聴いてわたしは胸がアツくなった。つよぽんのブログがまじやばめ。泣いたわ。☞未完成な人間たちの愛と美に涙した日 - つよぽん哲学

 

 

・THE あいぼんはホームモアイボン

そんなジャイアンにわたしはなりたい。これからガラッと変わる時代のしあわせ組長になりたい(わたしの地元には山口組の本部があります)

ってことでわたしは「ジャイアイボンになろう!」と思い立ち、今回4打席目の打席に立ったわけでございます。#打席に立とうキャンペーン

 

☞ジャイボン(ちっちゃい「ゃ」にあいぼんが組み込まれているver)

☞ジアイボン(やっぱり「あ」は必要や!ってことで主張してきた「あ」さん年齢不詳)

☞慈愛ボン(ここで慈愛氏が登場です!ボン=born=うまれる)

THE あいぼん(本当のわたしがうまれる)

 

という流れに落ち着きまして。「平岡、ますます自分を生きるってよ」って感じでまるで映画になるような人生を生きていけたらとワクワクしてます(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

f:id:lovingdream:20170201212634j:image

ジャイ子

 

 

・ホームレス=ホームモア

Less is More. が真理なら、家がない=どこも家。まさに Enywhere is my home!! になる。だからわたしは「ホームレスではなくホームモアだ」と主張したい。家増やし生活の始まりだよ!と。

 

あなたのおうちはわたしのおうち。

わたしのおうちもあなたのおうち。

 

こんな世界観で生きます。地縁血縁がなくても家族。てかみんな元を辿ればひとつ。つながってるとか言いますやん(⌒▽⌒)?

わたしと家族になりたい方、わたしの家族と家族になりたい方はいつでもご連絡くださいな!ステキな方々をつなげます💓

 

(あなたの)ホームモアイボン(のホーム)!!

 

f:id:lovingdream:20170201211529j:image

 

今日も貴重ないのちの時間を使って読んでくださりありがとうございました(*^_^*)

実験は続く☞☞☞
 
 
----------------------------------------------------------------
 
このブログの視聴料を「あいぼんにあげたい!!」という神様は
コチラの口座に¥0〜¥100,000,000、お好きな金額をどうぞ💰💓
 
三井住友銀行
普通
ヒラオカアイ
店番号 845
口座番号 7384954
 
----------------------------------------------------------------
 

コンタクトはコチラから☟

日常結構書いてるよ〜
Facebookhttp://facebook.com/ai.hiraoka.397

自分の想いをつぶやくよ〜
Twitter:aaai_bonbon

月に何回か配信するよ〜
*LINE@:http://line.me/ti/p/@stx0461n

50円でわたしを買いたい方はコチラ☟
あいぼんレンタル:https://aibonworld.thebase.in/

血筋を超えた家族になりたい方はコチラ☟
あいぼんfam:https://peraichi.com/landing_pages/view/ibornfunclub